メビウス ムラマサにLinuxをインストールする

Mebius ムラマサ(PC-MT1-H1)に WindowsとLinuxをインストールした。
今回インストールしたのは、
Windows ME(PCに付属のもの)
RedHat Linux7J
(外付CDとFDを使用)
1 パーティション分けのため、付属のリカバリーディスクを使ってWindowsを再インストールする。
 このとき、Cドライブを5M 残りをDドライブにするメニューで行う。
2 Windowsのインストールが終了したら、LinuxのCDからWindowsのCドライブ に中身を全部コピーする。
(適当にディレクトリを作ったほうがいいかも)
3 WindowsでLinuxのブートFDを作成する。
4 FDからブート
5 Linuxツリーの場所を指定 /dev/hda1/ディレクトリ
6 後は通常のCDからのインストールと同じ。
但し 20Mのうち 0〜8M内にLinuxのbootパーティションが必要

/dev/hda1 * 1 638 5124703+ b Win95 FAT32 #WIN Cドライブ
/dev/hda2 639 643 40162+ 83 Linux #/boot
/dev/hda3 644 2432 14370142+ 5 拡張領域
/dev/hda5 644 1281 5124703+ b Win95 FAT32 #WIN Dドライブ
/dev/hda6 1282 1314 265041 82 Linux スワップ
/dev/hda7 1315 2432 8980303+ 83 Linux #/

その他Linuxで手を加えた点
Melco の無線LANカードをうまく認識しなかったため、 /etc/pcmcia/config に以下の3行を追加
card "BUFFALO WLI-PCM-L11G"
version "BUFFALO", "WLI-PCM-L11G"
bind "wvlan_cs"

1行目はコメント
2行目は、カードが返すキーワード cardctl ident で調べることができる
Socket 0: product info: "BUFFALO", "WLI-PCM-L11G", "Version 01.01", "" manfid: 0x0156, 0x0002 function: 6 (network)
3行目は、使用するモジュール 基本的には、WLI-PCM-L11の部分を探し、2行目を書き換えればOK

このページを 人の人が訪れてくださいました。